婚約指輪情報

HOME婚約指輪情報まだまだ間に合う2021年のプロポーズ

まだまだ間に合う2021年のプロポーズ

2021.09.24

そろそろ涼しくなり始める9月。一年も残り4ヶ月もない時期となりました。

最愛の人へいつプロポーズするか悩んでいるうちにもうすぐ一年が終わってしまう・・・と悩んでいる男性も少なくないかと思います。

そんな方のために、今年残り4ヶ月でもプロポーズをするのにふさわしい日付をご紹介します。

 

クリスマスイヴ、クリスマス(12/24~12/25)

なんと言っても一番プロポーズをしやすく、ムードも期待できるのはクリスマスです。地域によっては雪も降るので、景色も含めてロマンチックな雰囲気を演出しやすいです。

実際、クリスマスデートでサプライズのプロポーズを成功させた事例は多くあります。

特に恋人たちにとっては一番関心が集まりやすい時期というのもあり、大きなイベントにかこつけてプロポーズをするというのはとても効果的です。

日頃からプレゼントを贈り合うような仲ではない場合、なにもないのにいきなり指輪を渡すというのは抵抗があるかと思いますが、クリスマスプレゼントを理由付けにすれば違和感なく渡しやすいというのもポイントですね。

他にも、今からプロポーズに向けてプロポーズリングを用意しておけば、ギリギリになってから用意するよりも余裕を持って当日に臨むことができます。

 

二人だけの記念日(付き合い始めた日など)

二人にとって大切な日がまだこれから、という方は二人だけの記念日にプロポーズをするというのも素敵です。世界で一つだけの二人だけの特別な時間を演出することができます。

プレゼントも渡しやすく、記念日を大切にする二人だと特に効果的ではないでしょうか。

二人の記念日が、次は婚約記念日に変わるというのもポイントです。

他にもお互いの誕生日や、特に何もない日を二人の新たな記念日とする意味でプロポーズするというカップルもいます。

一粒万倍日

一粒万倍日というのは、縁起上吉日とされている日の中でもさらに良い日とされている日のことを言います。

一粒万倍日に始まったものが万倍になって良い結果として表れるということから、この一粒万倍日にプロポーズをすることはとても良いと言われています。

ちなみに、一粒万倍日によくないことを始めてしまうと、これも万倍になるとされているため、プロポーズのような万倍になることで大きな幸せにつながるようなことを始めるようにしましょう。

今年の10月~12月の一粒万倍日は、以下になります。

 

10/3、10/13、10/16、10/25、10/28

11/6、11/9、11/10、11/21、11/22

12/3、12/4、12/17、12/18、12/29、12/30

 

特にプロポーズにおすすめなのは、11/6(土)と言われていますので、

ここを目指して最愛の人へプロポーズをするというのも良いかもしれません。

この記事を掲載している時期は2021年9月頃を想定しておりますので、2ヶ月間で指輪の手配から段取りまで考える余裕もありますね。

まとめ

今回は2021年残りのプロポーズのタイミングについてご紹介しました。

いつプロポーズするか悩んでいてなかなか踏ん切りがつかない、という男性への後押しとなれば幸いです。

また、プロポーズをするなら婚約指輪選びもなるべく早くしておくと良いです。

OBARAオバライオン千歳店では、お仕事終わりの18~19時台でもゆったりとご覧いただけますので、下見やご相談にもぜひお越しください。