ブログ

HOMEブログ「ジューンブライドは幸せへの扉」 ~憧れの6月の花嫁、成功させる秘訣~

「ジューンブライドは幸せへの扉」 ~憧れの6月の花嫁、成功させる秘訣~

2021.04.09

女性なら誰でも一度は夢見たことがある「ジューンブライド」。

みんなから祝福されて幸せの第一歩を踏み出すのにこれ以上ないイメージがありますよね。

今回はそんなジューンブライドの由来、成功させるためのポイントなどを挙げていきたいと思います。

 

ジューンブライドの由来

ジューンブライドの由来にはいくつかの説がありますが、ここでは一般に言われているものをあげていきたいと思います。

①ギリシャ神話説

ギリシャ神話の主神ゼウスの妻でヘラという女神がいます。この女神はローマ神話ではジュノ(JUNO)と呼ばれ、結婚や出産、家庭や女性を守る女神といわれています。

また、このジュノが6月の守護神であったため、6月に結婚すると幸せになるといわれるようになりました。

②結婚解禁月説

ヨーロッパでは伝統的に農業が主力産業だったため、その農作業の繁忙期に当たる3~5月は結婚してはならないというしきたりがあったそうです。

日本ではあまり考えられないしきたりですね。

繁忙期が終わった6月になって、やっと待ちに待った結婚式があげられるということで、6月になるのを首を長くして待っていた新郎新婦が念願かなって結婚式ができる!と喜んだことから、6月の花嫁は幸せになれる、といわれるようになったそうです。

③結婚ベストシーズン説

ヨーロッパの6月は気候が最も安定し、気温もまさしく初夏、といった感じでとても爽やかで気持ちの良い季節です。

そんな季節なので、当然のごとく結婚にも最も適した季節であるということになります。

ヨーロッパの方は大抵クリスチャンなのでお式はいつも行っている教会であげる方が多いようですが、その後に友達を招いて行うパーティーなどにもうってつけなので、ジューンブライドが好まれるようになったということです。

・日本ではどうなの?

日本では6月はまさに梅雨ど真ん中で、季節的にはあまり結婚式を行うには適しているとは残念ながら言えません。実際、以前は日本では6月は結婚式の需要があまりなかったそうです。当然結婚式を行っていたホテルや式場は6月になると売り上げが落ち込んでしまうことが続いていました。

そこで、某有名老舗ホテルが6月に何かイベントをしよう!ということで、日本にジューンブライドの習慣を輸入して、それが浸透して現在のようになった、というのが一般的です。

 

ジューンブライド成功のポイント


先ほどお話しした通り、日本ではジューンブライドの時期は梅雨と重なってしまっています。

実のところ、日本での結婚式のトップシーズンは9月終わりから11月までと、秋口に固まっています。

とはいえ

「そんなことはわかっているけど、絶対に6月に結婚式をしたい!」

という方がいるのも事実なので、そんな方のために、6月の結婚式を成功させるため抑えるべきいくつかのポイントをあげていきます。

 

①雨対策

当たり前のことですが、雨と湿気に対しては万全の対策を講じる必要があります。

湿度が高いために髪型が決まらない、汗が引かずにメイクがすぐに崩れる、ドレスが湿気を含んで重ったるい印象になってしまう、など一世一代の晴れ舞台に立つ花嫁としては見過ごせないことが多々あります。

あらかじめ行きつけの美容院や、いつも買っている化粧品の販売員さんなどに湿気対策をしっかりとヒアリングして、来たるべき日に備えたほうがよいでしょう。

また、式場に出入りしているヘアメイクさんはプロ中にプロなので、打ち合わせの際にしっかりと自分の希望を伝えておくと、当日になって困ったことになる確率は減らせるでしょう。

 

②イベントの見直し

他の時期では問題なく予定できるイベントでも梅雨時はちょっと考える必要があります。

たとえば、チャペルを出た外階段でフラワーシャワーとブーケトス、なんて素敵でな演出で実際取り入れている会場も多いですが、基本的に雨が降っていると考えた場合は避けた方が良いでしょう。

その場合はブーケトスの代わりに披露宴でブーケプルなども他とは違った演出でいいかもしれません。

ちなみに、ガーデンパーティなどはまず間違いなく失敗するので、全くお勧めできません。

 

③写真は前撮りで

新郎新婦の幸せな写真は、基本的に挙式当日に撮影しますが、ジューンブライドの場合はこれも前撮りで済ませた方が良いでしょう。

梅雨入り前の5月のさわやかな季節に撮影すれば、陽光たっぷりの素敵な写真が取れる事間違いなしです。

新郎新婦の挙式当日の負担も減らせるので、多少出費が増えたとしても前撮りは一考の余地ありです。

 

まとめ

さて、今回はジューンブライドの由来と成功のポイントについて書いてまいりました。

役に立つ情報はありましたでしょうか。

色々と難しい面もありますが、この大変な準備を未来の旦那様と一緒に考えるのも楽しい時間なので、是非パートナーの方と一緒にやっぱり6月に結婚してよかった!と思えるような世界に一つだけの結婚式を計画してはいかがでしょうか。

この記事が皆さんの幸せの一助になることを願っています。

 

最後に

OBARAオバライオン千歳店は毎日午前900~午後2100まで営業中です。

お仕事終わりにもゆったりご覧いただけます。

特に土曜日の午前の時間帯は、ご来店におすすめとなっております。

ジュエリーコーディネーターの資格者である店頭スタッフが、懇切丁寧にご対応させていただきます。

婚約指輪から結婚指輪、プロポーズリングまで多数取り揃えております。お求めの際は、ぜひ当店にてご来店お待ちしております。